手荒れは手の湿疹で、手についた物質のアレルギーや刺激で起きる皮膚炎です。
原因の明らかな場合は接触性皮膚炎(カブレ)、複合的な原因でおきた際には手湿疹と呼びます。
主に痒みと赤みがおきるアレルギー性の手あれと、主に皮膚の乾燥と硬化(角化)とひびわれで痛みがでる刺激性(非アレルギー性)の手あれとがありますが、両者が混じった混在型もすくなくありません。
手指の乾燥、硬くなること(角化)、亀裂が主な場合で指紋が見えににくくなったような状態は、進行性指掌角皮症といいます。

原因は?

刺激性のタイプでは、水仕事や手の洗いすぎなどによって皮脂などの皮膚の保湿因子が減少すること、界面活性剤(食器や洗濯用の合成洗剤、シャンプー、ハンドソープ、石けん)に触れることが最大の原因です。この結果として、皮膚のバリア機能が破たんし、発症します。
特別なものに触らなくても、手を頻回に洗うだけで手湿疹は起こるということです。
また、冬の低湿度、低温の環境も悪化要因となります。

アレルギー性のタイプは職業や生活習慣と関連することも多く、理・美容師のシャンプー、パーマ液、染毛剤、香料のカブレ、医療介護関係者のラテックス、ゴム、消毒薬のカブレ、建築業者ではセメントのカブレ、花を扱う方の菊、サクラソウのカブレ、家庭では、ゴム手袋、金属類、塗り薬のカブレが多く、野菜ではニンニク、レタスなどのカブレも見られます。

起こる仕組みは?

手はいろいろな刺激物質に触れますが、健康な皮膚は外界の刺激に対して、ある程度の防御力を持っています。この防御力を皮膚のバリア機能と呼びます。皮膚の表面の角層がその役割を果たし、皮脂膜がそれを助けています。
界面活性剤が手にふれると、皮脂膜を洗い流してしまいます。皮脂膜の再生には数時間かかりますが、手のひらには皮脂腺がないので、皮脂膜再生にはより長い時間がかかります。角層を守る皮脂膜が破壊されると、手を使うことによって角層が障害され、角質の水分は減って乾燥とひびわれが起こります。こうして、皮膚のバリア機能が破たんすると、今までなんともなかった物質にも刺激反応やアレルギー反応を起こしやすくなります。

間違いやすい病気は?

手に湿疹様の病変を作る病気はいくつかあります。
手のひら、足のうらに水疱がある場合は汗疱と、片手の手のひらのみに病変がある場合は手白癬と、区別するする必要があります。
その他、カンジタ症、疥癬、掌蹠膿疱症などが間違われることがあります。

治療は?

湿疹の治療だけでは繰り返してしまいます。 皮膚のバリア機能を回復させるために、日常生活で気を付けるポイントを説明いたします。
カブレの場合は、その原因物質を避けることが根本的な治療となります。カブレの可能性がある場合はその原因物質をつきとめることが重要なため、パッチテストという検査方法があります。これは、皮膚に疑わしい物質を貼って調べる方法です。

手を保護する習慣にするために日常生活で気を付けるポイントを説明いたします。

皮膚の水分量をあげるだけで、カブレの反応も起こりにくくなるため、保湿剤は極めて有用です。一仕事終わったら、次の手仕事のために、皮膚のバリア機能をあげる保湿剤を頻回に使用しましょう。

食器洗いと濡れた洗濯物を干すときには必ずビニール手袋をしましょう。薄い木綿の手袋をして、その上からビニール袋をはめると予防の効果があります。天然ゴムからできたゴム手袋には、ラテックスという成分が含まれており、カブレを起こすだけでなく、全身のアレルギーを起こす可能性があるため、お勧めできません。塩化ビニールの手袋が安全です。細かい作業にはニトリルという合成ゴムの手袋(ラテックスを含みません)が有用です。
手洗いの回数を減らすだけでも、効果があるため、使い捨てのビニール手袋を使用して洗う回数を減らすと洗い過ぎを防げます。
夜間、塗り薬を塗った後は薄い木綿の手袋をすると、薬の効果が高まります。
湿疹病変を治療している間も、軽快した後も、再燃・再発を予防するために、皮膚のバリア機能を助ける保湿剤を継続することが必要です。

あかりクリニックの情報を随時発信中!

クリニック information

診療時間
9:00〜13:00
15:30〜18:30 ※○

※土曜日の診療受付は14:30〜17:30まで

 

担当医師

濱野 優院長:水、木、金
津田智子先生:月
佐野仁美先生:火
岡田先生:第1、第4土曜
赤田美和先生:第2、第3土曜


休診日:日曜日、祝日

アクセス

東急東横線中目黒駅より徒歩1分

東京都目黒区上目黒3-3-14
アサヒ電機朝日生命中目黒ビル2F
tel : 03-6451-0706